セラピストとしての仕事

セラピストとして仕事を始めて5ヶ月経ちました。

形の見えない仕事なので、説明するのがとても難しいです。


身体の具合の悪い方には「エネルギーワーク」を。

原因になっている箇所を探って、高次の存在からのエナジーを流して刺激を与えて滞っている所を促したり。痛みを和らげたり。


心の問題を抱えている方には、「リーディング」で。

今その方が抱えている問題にどう向き合っていけば良いのか、降りてくるメッセージをお伝えします。


どちらも対面セッションでも、遠隔セッションでも行う事が出来ます。

離れていても何故出来るのか?不思議に思われるかも知れませんが、時間や距離は全く問題ではないのです。


施術するのはわたしですが、わたしはただの箱に過ぎません。

マスターガイドなど高次の存在からのサポートにより、的確にクライアントさんに必要なエナジーが流れてきたり。伝えるべきビジョンや言葉が降りてきます。

わたしはそのエナジーを通したり、メッセージを伝えるだけの箱に過ぎないのです。


また解りづらいと思いますので、次回はもう少し噛み砕いてお話させてもらいます。

今日はこのへんで。