久し振りのさいたま

昨日はアパレル時代以来のさいたまに訪れました。

アパレル時代大宮と川越に勤めていた事がありましたが、それ以来さいたまにはなかなかご縁がなくご無沙汰していました。

去年から親しくさせていただいている同郷のひとみさんからのお誘いで初めてのイベントに出展させていただきました。

明治時代から150年ほど経つ立派なお蔵を素敵にリノベーションされて普段はカフェ兼ショップの様です。

立派な門構えを抜けると、周りを緑に囲まれた中庭の向こうに素敵な蔵が現れます。



初めての場所で初めて参加させていただくイベント。

到着するとすでに沢山の方々がおのおの会場準備をされていました。

何人の方に尋ねながらオーナーさんを探してご挨拶をさせてもらおうとしたら、オーナーさん自ら竈の火を準備されていました。

ほどなく紹介してくれたひとみさんと旦那様も到着し、バタバタと会場準備をしていましたが。

気が付くと会場時間を過ぎていて、すでにお客様が沢山いらっしゃいました。

初めての場所で初めての出展だったので、多分暇だろうと思っていましたが。

開始とほぼ同時にお客様がいらっしゃって、順番待ちのお客様まで。

途中庭の竈で羽釜で炊き上げたご飯のおにぎりと豚汁でささっと食事を済ませて、午後もセッションは続きました。

やっと一段落して敷地の外に一服しに行くと、朝オーナーさんと一緒に竈の火起こしをしていたイケメンが現れました。

彼も出展者で立派な廃材を用いて植物用のプランターやアロマオイルスタンドを販売していました。

ひとみさん夫妻にも紹介したくなって、自分達が出展していた蔵の2階にお誘いしました。

彼の世界各地でのスピリチュアルな体験談や、音楽活動や、自然農法の畑の話などスローライフを送ってる話が興味深くてついつい話し込んでしまいました。

気が付くとイベントの終了時間も過ぎ、一人また一人出展者さんが後片付けを終えて帰られて。

落ち着いた頃に中庭であまりの心地好さに寛いでいたら、オーナーさんがお茶とお菓子を運んで来て下さいました。

風にそよぐ竹林のもとで頂くお茶は、格別のお味でした。ごちそうさまでした。


主催者の方々、出展者の皆様、足を運んで頂いたお客様ありがとうございました。

おかげさまで天気にもご縁にも恵まれて素晴らしい1日でした🍀

今日も生きてて嬉しいです、ありがとうございます🌷




スポンサーサイト

コメント