インナーチャイルドセラピー

JUGEMテーマ:スピリチュアル

ついこの前お正月だと思っていたら、気がつけば半月も経っていますね。

寒さが厳しい日が続きますが、皆様お元気ですか?

年明けからインナーチャイルドセラピーを望まれるお客様が何件かあり、個人セッションを承らせて頂きました。

お客様が同年代なのもあり、昭和の躾けに厳しい親御さんとのトラウマを抱えている方が多かったです。

インナーチャイルドセラピーはとても根が深く残っている感情を解放するのが、ご本人様も向かい合わなくてはいけない苦しさも伴うのですが。

手放すことで長年留まっていた不要な悲しみや苦しさや恐怖や疎外感などから解放されるので、その後好転されて本来の自分の姿をあらためて気づく機会を与えてくれます。

多くの方は幼少期の思い出したくない記憶から目をそらしたいので、見えないです(観たくないです)やボンヤリとしか見えないですと言われることが多いです。

はじめから嫌な記憶に遡るのは辛いので、まずは子供の頃の楽しかった記憶に遡って観てもらいます。

この楽しかった記憶も実はとても重要で、今の大人になった私達にも大きく影響しています。

見えない見えづらい方には勇気を持って向き合ってもらい、ちゃんと自分のハートで真実の姿や気持ちを感じてもらいます。

頭で考えている方は記憶や感情を美化したりしますが、ハートで感じてもらうことにより真実の姿を見ることが出来ます。

クライアントさんのハートに浮き上がってきたビジョンや感情も必要ならばお伝えします。

ご本人も忘れていた出来事が浮かび上がってきて、涙が溢れることもよくあります。

必要の無くなった手放すべき過去のネガティブな感情等は手放し。

これから生きていくために必要なアドバイスも楽しかった記憶から受け取ることが出来ます。

 

お帰りになる頃には来て頂いた頃とはまるで別人のお顔になられて足取りも軽くお帰りになる方が多いです。

 

個人セッションを受けられたクライアントは浄化が進み本来の自分を受け容れるので、みなさんビックリするくらい良い方向へ動き出します。

 

そしてクライアントさんからのその後の経過をお話ししてもらえるのが、僕が何より楽しみにしている事でもあります。

セッションの後もあの方はどうしているのかな?ととても気になります。